コレステロール

そもそもコレステロールって何

コレステロールは人間の体内において様々な働きをしている物質です。
たとえば細胞膜における抗生物質や性ホルモンの材料などに関係しています。
そのため、本来であれば人間の体内で必要な存在ではありますが、健康診断などではこのコレステロールの数値はあまり高くならないように注意する必要があります。
たとえばコレステロールが増えると太り気味になったり脂肪がついたり、といったケースをイメージされるかもしれませんが実はそれほどコレステロールとは関係がない可能性が指摘されています。
痩せている人であっても高脂血症と診断されることがありますので、それと同じような理由といえるかもしれません。
とはいえ、コレステロールが過剰に増えてしまうと血管の壁への沈着が起こります。
その結果血管の内側が狭くなってしまい、血管の詰まりなどといった症状が出ます。
これが動脈硬化です。
この動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞といった様々な病気の原因となります。
コレステロールの値をコントロールすることがこうした重大な病気を予防するうえで重要なポイントとなります。

人体にとって必要な存在でもあるコレステロールですが、一日につき1.5〜2.0gほど必要とされており、このうち7〜8割は体内で合成されるものであり、残りは毎日の食事から補う必要があります。
体内でコレステロールの製造に関わっているのは肝臓なので、コレステロールの数値が高いということはその原因となるのは口から入ってくる食物ということになります。
食べ過ぎや運動不足などはコレステロールの数値が高くなる原因となりますので、こうした生活習慣を続けていると高脂血症などの原因にもつながります。

・効率的なコレステロールの低下を目指すには
コレステロールの数値を下げるためには食生活の改善や運動不足を解消することが重要です。
とはいえ、忙しくてなかなかこうしたことを実行することができない人も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが、コレステロールを下げるためのサプリメントの利用です。
コレステロールの数値を下げるために有効なサプリメントとしては、DHAやEPAが代表的なところです。
サプリメントにもよく使われるものなので、名前を聞いたことがあるという人も多いかもしれません。
コレステロールが原因でできた血栓は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性を持っています。
DHAやEPAといった成分は、このコレステロールの数値をコントロールすることができることから動脈硬化などの予防をすることができます。
おもにイワシやマグロなどから補うことができるDHAやEPAですが、毎日これらの魚を食べるのは効率的とはいえません。
そこで毎日手軽にDHAやEPAとった成分を補うための方法としてサプリメントの登場です。
DHAやEPAが配合されているサプリメントには様々な種類がいろんなメーカーから発売されています。
メーカーごとに価格や特色は異なります。
そのため情報を比較検討して選ぶことが大切です。

コレステロールはどのくらいなら正常?

健康診断で「コレステロール値が高い」といわれたことはありませんか。
ここでいう「数値が高い」というのは血液に含まれる総コレステロール値が「220mg/dl」以上、悪玉コレステロールといわれるLDLで「140mg/dl」以上の場合です。
健康診断で確認できるこれらの数値は、年齢や性別、食事の状況や体調にも大きく関係してきます。
そのため、定期的に健康診断を受けてコレステロール値を常に把握しておきたい、という人もいます。
これについては、コレステロールというものが自分で毎日管理できるものではないという理由が大きいです。
コレステロール値が高くなっても自覚症状がなく、また、コレステロール値を自分で計測できる機器などもありません。
そのため、定期的に専門機関で検査を受けて自身の値を正確に把握することが重要となってきます。

・正常なコレステロールの値
正常とされるコレステロール値の範囲は、総コレステロールで130〜220mg/dl、善玉コレステロールで40〜70mg/dl、悪玉コレステロールで60〜139mg/dl、そして中性脂肪で50〜150mg/dlとなっています。
もっとも、コレステロール値が正常値より低すぎることも考えものです。
コレステロールの中には善玉と悪玉とがあり、たとえば一般的にLDLと呼ばれる悪玉コレステロールの場合は過剰に増えた場合に血管の壁に蓄積されて動脈硬化などの原因となってしまいます。
善玉コレステロールはHDLと呼ばれ、血管の内部にたまったコレステロールを肝臓に運ぶ役割を担っています。
そのため、LDLは低くHDLは高く、というのがコレステロールの理想です。

健康食品して人気を集めているスムージー。

スムージーに似ている健康食品として青汁があります。
普通の人には違いが分からないでしょう。
スムージーと青汁……2つはどういった違いがあるのでしょうか。

■青汁とスムージーの違い
青汁もスムージーも野菜をミキサーなどですり潰して、飲みやすくしたものです。
基本的な作りはほとんど同じものです。
決定的な違いは青汁のほうが緑色をしている葉野菜を多く使っている点です。

最近の青汁は大葉若葉を利用して作られているので、多少飲みやすくなっています。
しかし、野菜が苦手な人は若干の抵抗があると思います。

その点スムージーは野菜のほかに果物も一緒に混ぜて作られています。
果物を混ぜることで、青汁以上に飲みやすく仕上がっているのです。

■スムージーにしかない魅力
果物を配合することによって、甘くなり、青汁以上に満足感を得ることができました。
また、果物を加えることでビタミンが増え、肌の調子を整える美容効果もプラスされるようになったのです。

また、スムージーは基本的に市販されているものを利用するのではなく、自分で手作りするのが基本です。
自分で作るので味を変えることができ、青汁のように飽きがこないメリットもあります。

■スムージーの注意点
もちろん、果物が含まれているので果糖を身体に摂取することになります。
あまり取り過ぎないように注意する必要があります。

ダイエットでスムージーを作る人は、飲みすぎないように注意するようにしましょう。
こちらもおすすめ⇒コレステロール サプリメント


TOP PAGE