コレステロール

コレステロールとアルコールとの関係について

お酒はコレステロールにとって悪影響しかないように思われがちですが、「酒は百薬の長」という言葉もあります。
そのため、コレステロールにとっては適量のアルコールは善玉コレステロールを増やす働きを持っています。
ここでいう「適量のアルコール」とは日本酒で1合、ビールで大瓶1本、ウイスキーでダブル1杯です。
肝臓への負担を減らすという意味でお酒は飲み過ぎないように注意したいところです。
もしもアルコールの摂取量が増えるとそれだけ中性脂肪が増えることになり、糖尿病や肥満といった原因につながります。
中性脂肪が増えた状態になってしまうとアルコールを飲む量が適量だとしても善玉コレステロールが増えなくなり、血液に含まれるコレステロール値も高くなっていきます。
アルコールと共に心配なのがおつまみです。
お酒のおつまみといえばどうしても塩分が高いものやカロリーの高いものが中心となりますが、こうしたものは健康という意味では避けた方が良いでしょう。
お酒を飲むとついついこうしたものが食べたくなるとともに、食べる量も多くなっていきます。
飲み会の後シメにラーメンというパターンもありますが、こちらもできれば避けたいところです。
お酒を「ストレス解消」に利用しているという人もいます。
適量のアルコールであればストレスの解消につながりますし、カロリーの少ないおつまみに気をつければ体にとっては良い効果が期待できます。
毎日の食事でカロリーを摂っていますので、お酒のカロリーとは別として考えると良いでしょう。
普段からお酒を飲む習慣のある人は、自身が普段飲んでいるお酒のカロリーを確認したうえで1週間ごとに飲むカロリーを決めておくという方法がおすすめです。
飲み過ぎた日があれば逆に「飲まない日」を作って調整するという方法も良いでしょう。


TOP PAGE